2008年08月13日

笑いコケッ

夕べの夫婦の会話
またまた大爆笑で横腹がツッて痛かった顔(笑)どんっ(衝撃)

夫は頭の毛はつるっぱげぴかぴか(新しい)

ウサギ「ミルの毛が薄くなったネー」
  地肌が見えて痛々しい
ウサギ「チー君ミルに少し分けて」
カメ「俺に分けてくれー」
ウサギ「私のなんぼでもやるよ」
カメ「今更いらん。ヘアトニックつけて髪を分けるの大変や」
ウサギ「天然パーマやろ。分けんでええわーね」
カメ「4センチぐらい伸ばすから、わけるんよ」
カメ今でもクシでといて、わけよるっちゃ

ウサギブッハーーーーー・・・・・(笑いが止まりません)
カメ「アホー」「いい加減にせー」
ウサギどこに分け目があるっちゅーんだよー顔(笑)

次・・
オリンピック水泳競技を見ていて
ウサギ「あれっ、ハゲはスイムキャップつけんでええんやネー」
カメ「そんなことない、つけんとダメっちゃろー」
カメキャップをつけんと水の抵抗があるからね

ウサギブッハーーーーー・・・・・(笑いが止まりません)
ウサギ「ほらほら見て」
見事、そのハゲ選手が1位で予選通過
ウサギ毛がないから水の抵抗もないやろ、キャップがない分有利だ顔(笑)

カメ「おまえ許さんぞー」
ハゲで異常に盛り上がるわーい(嬉しい顔)黒ハートわーい(嬉しい顔)
だいだい、shizuの実家では何故か家族揃うとハゲ談義で爆笑する
(パパ、申し訳ないっす顔(イヒヒ)
特に、妹わこは 鋭い開眼力でヅラの見分けがつく
芸能人なんかも、ヅラの値段まで見分ける
見知らぬ人でも、目が合うとヅラと気づくらしい。
(相手も見破られたと気づくらしく、気まずくなる)

で、今日の読売新聞朝刊の編集手帳に面白いことが載っていた
徳川家康〜〜〜ウンヌン〜〜とあって・・
ことば遊びの面白さの紹介
濁点の付け替えで意味が一変するのも日本語の面白さだ
『刷毛に毛があり、はげに毛がなし』
『墓はお参り、馬鹿はお前だ』

今朝、カメが読んでくれて笑った。

080813.jpg

080813a.jpg
チー「ママ、エアコンききすぎ、寒いぞ〜」
ニックネーム shizu at 11:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記0807 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする