2008年11月22日

インターセックスを読んで

081122.jpg
毎年恒例の鳥取の伯父さんから柿が届きましたプレゼント
パパもママも大好きだし、ミルがなんたって大好物黒ハート
去年はぜんぜん食べれなかったチーすけも
ミルちゃんに見習って、いやいや食べてましたが、
慣れたのか、「くれくれ」と催促してきます。
伯父さんから「急に寒くなったので、まだ赤くならないのももぐことに」
しかし、箱の中は真っ赤な柿
甘くて最高でした。

081122a.jpg
こちらの本、タイトルから何やらエッチ系の内容かなと思いきや
ちょっと最初読んだだけで、没頭しました
どんどん話に吸い込まれ、話の展開も意を突いた内容。最初は、産婦人科医が妊婦を死亡させたと言う事で訴えられ、裁判で的確な指摘をした名医の話となり、傍聴した女医がこのストーリーの主人公となる。
現在、産婦人科医不足で妊婦のたらい回し問題が浮上している世の中。その世情にあった問題から追求が入り、読者に興味をそそるようになっている。その裁判については、罪に問われることはない判決になるのだが・・。今回のストーリーはインターセックスがどういうことを言うのかが、わからない者には驚きの内容ばかりでした。知らないことばかりでした。だから、どんどん引き寄せられ、突っ走って読んでしまった。
私の読解力でのことですが、インターセックスとは人間は男と女という2分裂で分けているが、実際はもっと違った中性の性別が存在しても良いということだと思う。ゆえに、今までの医学では、男と女に該当しない人間を差別する、いや、差別しないために手術する。この問題に対して主人公の女医がカウンセラーとなって対処していく。インターセックスの種類は個々様々であるが、XYの染色体が女であるのか、男であるのかで性別が分れ、女の染色体を持ちながら男の体であったり、またその逆。染色体自体がXY以外のXXYとか特殊な場合。染色体がどうであれ、性器が不完全なままだったり、なかったりと外見が違ったりする。心は男になったり女になったりと両性の場合もある。しかし、性同一性障害とはまったく異なる。これは、体と心の性が違う、別の病気となる。インターセックスの発症率は100人に1.5人ぐらいだそうだ。これはタブーとされていた病気なだけに知らない人が殆どでは。それを今回、この本で目にして、かなり考えさせられた。冒頭に述べたように、手術する病気じゃないのよと声を大にしたい。現状では赤ちゃんのときにどっちか白黒つける手術をするようだ。成長するにあたって、何度も何度も繰り返される手術。そこには本人の意思はまったくないのだ。
ストーリーとしては殺人事件を交えたミステリーなのです。当初から犯人はおのずとわかる状況だが、それをどう暴くのか、興味をそそられるのだが、結末があっけなく終わったことに落胆。ページ数が少なくなってきて、「あれっ、もう終わっちゃったら?」と心配しながら読み進むと、案の定、犯人は自殺ということで、ハッピーエンドのような終結。その後、事件についてどうなったのかは不明で終わっているが、たぶん、何も告発されることもなく、葬られたのだろうなと思う。
作者の帚木蓮生(ははきぎほうせい)の本は初めてだったので、他の本も読んで見たい。医学からの内容だけに難しいかもしれないが、面白そうだ。
ニックネーム shizu at 21:54| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
う〜ん 難しい本を読んだんだね・・・
本屋さんで みた〜なんだろうかって思った。
でも手に取ることもなく、今日ママの説明で
分った気がしました。
でも未知の世界ですね!!
ワンコはないのかなって 不純ですか(笑う
でもこんな難しい本を 読むママさんは偉いですねexclamation×2
Posted by ふゅ at 2008年11月23日 00:09
ふゅさんへ
私のちゃちな解説を読んで頂きありがとうございます。
ワンコの世界でも同じだと思いますよ。
生まれた時点で処理されているのか??
ただ、あそこがって言うだけで非情ですよね。
障害でもなく、なんにも問題ないのに。
ちょっと悲しいかな、
人間社会では認められるべき性別ではと思う。
知らない世界を見て勉強になりました。
Posted by shizu at 2008年11月23日 08:49
shizuさんウサギ、おはようございます晴れ曇り

すばらしいものをお読みですね本
詳しいコメントは帰宅後にいたしますmail to

それでは行ってきま〜す魚

魚
Posted by かつお at 2008年11月23日 10:37
ウサギさんの今日の内容はなんだろうな〜るんるん(鼻歌交じりで・・)
クリックがく〜(落胆した顔)(長っ!)
老眼の私め・・眼鏡老眼鏡っと・・
はい準備完了Good

読むどー手(グー)あせあせ(飛び散る汗)

ふっ(笑)・・いやらしいタイトル・・黒ハート

実際に書面上でなくそう言った事の当事者になったり身内だったりしたら・・どうなんだろう?
医学の世界の問題ではなく神の仕業と思うだろうな・・。
人間も神の領域にまで踏み込んでいる今世紀(クローンの事・・)まざまざと神の怒りとも感じるかも・・
一言で言えば難しい!!
正直、こういった書物はあえて読む事を避けていました。
だって〜考えるの苦手だもんあせあせ(飛び散る汗)
かなりなオバカさんなの私顔(え〜ん)

Posted by プリまま at 2008年11月23日 11:24
魚かつおちゃん、行ってらっしゃい

中国旅行楽しませてもらってますよ。
Posted by shizu at 2008年11月23日 11:24
プリままさんへ

老眼鏡で見てもらって、ありがとう。
こんな解説でも、言いたいことがわかってもらえたみたい。
そう、神の仕業
その通りですね
著者は、第一章の段階で、読者を惹きつけるよう構成がうまい。
Posted by shizu at 2008年11月23日 11:27
shizuさんウサギ、ただいま帰りました夜

スゴイ本、読んでますね本
私も期待できそうな内容かと思ったら、
ミステリーだったのですね本本本

けど、タイトルが興奮しそうカメ魚
で、カメさんの反応はいかがでしたか?

なんか、内容を見ていると、
私もそれに相当しそうです本魚本魚ハートたち(複数ハート)

魚
Posted by かつお at 2008年11月24日 00:13
えっえっえ〜〜
意味深発言exclamation&question

ウサギ怪しいと思ったが、やっぱりか顔(ペロッ)

夫は読んでません。
当事者ならぜひ読んでください。
勇気がでるはずですよ。
Posted by shizu at 2008年11月24日 10:01
shizuさんウサギ、おはようございます晴れ

やはり、shizuさんウサギも、
魚の事をそう思っていましたかわーい(嬉しい顔)がく〜(落胆した顔)exclamation&question

まあ、そう思われても仕方ありませんねかわいい揺れるハートるんるん

こちらの本
本屋さんか図書館で見つけたら
読んでみますね本本本

魚
Posted by かつお at 2008年11月25日 09:14
これって、カミングアウトトイレ
したと、受け取ってよろしいのでしょうか。

IKKOさん、カバちゃんの仲間なのね黒ハート
IKKOさん、カバちゃん大好きです黒ハート
Posted by shizu at 2008年11月25日 14:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1580749
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック